57 Views

【千葉県銚子市】犬吠埼灯台、歴史を感じて未来を見つめる場所

犬吠崎灯台とは

千葉県銚子市にある東突端、犬吠崎に佇む灯台です。日本に5つほどしかない第一等レンズを使用している灯台として有名。第一等レンズとは一番大きなレンズ、という認識で良いかなと思います。140年以上、風雪に堪えながら今日に至っているのには、レンガ造りであるが、外壁が石造りである二重構造のスタイルの為である。こうした理由も合って歴史的な価値が高く、現在国の登録有形文化財として指定されている。場所柄、太平洋を眺めることができる景勝地として、多くの観光客が訪れている。

 

犬吠崎灯台の見どころ

銚子電鉄に揺られ、犬吠駅から徒歩10分、中々の近さで観光客を迎えてくれます。入り口には、白い郵便ポストがあり、「幸せを呼ぶ」として隠れスポットとなっている。灯台から君ヶ浜を一望できるし、何をとってもレンガ作りの灯台から歴史を感じてほしいです。あなたは何を思うでしょう、太平洋を眺めて一時の安らぎをご自身に与えてあげてみてはいかがでしょうか。

 

犬吠崎灯台の基礎情報

住所 〒288-0012
千葉県銚子市犬吠埼9576
アクセス 銚子電気鉄道線犬吠駅より徒歩10分
営業日 8時30分~16時00分
定休日
料金 ・大人200円
・小人無料
電話番号 0479-25-8239

 

千葉県銚子市について

銚子は千葉県北東部にある日本屈指の漁港町としても有名である。利根川を上流として太平洋に注がれている。元々水運で発達した地域でもあるので、醤油の醸造業(ヒゲタ醤油など)としても有名。最近では観光としてしても魅力を発揮し、犬吠埼灯台、地球の丸く見える丘展望台を代表的な観光地として誇る。食の分野では、漁港があることから魚、水産加工物、さらにぬれ煎餅も有名である。休日に朝早く訪れて海鮮丼やお寿司を食べに行くということもできるのではないでしょうか。

関連キーワード

千葉県 灯台 銚子市

関連記事もチェック