60 Views

【愛媛県松山市】日本の100名城の一つ。天守を有する重要文化財の松山城

松山城とは

別名を金亀城きんきじょう、勝山城とも呼ばれています。
松山城は、日本で12か所しか残っていない「現存12天守」のうちのひとつ、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つです。平成18年に「日本100名城」、平成19年には道後温泉とともに「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。
現在は、城跡の主要部分が公園として整備され、大天守(現存12天守の1つ)を含む21棟の現存建造物が国の重要文化財に、城郭遺構が国の史跡に指定されている。
2007年(平成19年)には、美しい日本の歴史的風土100選に道後温泉と共に選定されるなど建造物の希少性と共に、景観の美しさも評価されています。

 

松山城の見どころ

城山(勝山)山頂は標高約132mで、天守は更に約30m高くそびえたっているため、江戸時代から今日に至るまで、松山城大天守は、圧倒的な存在感を持ったランドマークタワーです。
松山平野を360度見渡せるその眺めは正に絶景で、眼下に広がる櫓群など近代城郭の完成度の高さも垣間見ることができます。
天気にさえ恵まれれば、西日本最高峰の石鎚山(1,982m)や瀬戸内海に浮かぶ島々、また日本一細長い半島である佐田岬なども見ることができ、江戸時代に建てられた天守から、藩主になった気分で大パノラマを存分に楽しめます。

 

松山城の基礎情報

住所 〒790-0008
愛媛県松山市丸之内1
アクセス ・「道後温泉行き」市内電車で約10分、「大街道」下車徒歩5分
・「道後温泉行き」「環状線大街道方面行き」市内電車で約6分、「大街道」下車徒歩5分
営業日 9時00分~16時30分
定休日
料金 ・松山城天守観覧券(大人)510円(小人・小学生)150円
・往復券(大人)510円(小人・小学生)260円
・片道券(大人)270円(小人・小学生)130円
・総合券(観覧券+往復券)(大人)1,020円(小人・小学生)410円
電話番号 089-921-4873

 

愛媛県松山市について

愛媛県の中央に位置する中核市であり、四国内で最大の人口を誇る都市。松山市は古い時代から城下町として発展しており、道後温泉をはじめ、俳人・正岡子規(坂の上の雲での登場)や小説家・夏目漱石(「坊っちゃん」などは松山市が舞台)などのゆかりの地として有名である。これらの豊富な観光資源を持って国際的な観光としても話題を集めている。その際のキャッチフレーズは「いで湯と城と文学のまち」。観光地としても、居住するとしても再開発が華々しい都市であることは間違いなく、非常に魅力的な街である。

関連キーワード

城跡 愛媛県 松山市

関連記事もチェック