65 Views

【東京都港区】東海道五十三次の最初の宿場。品川宿で旅人と行楽人が行き交う。

東海道五十三次における品川宿の役割

宿場としては最初の品川宿(あくまで日本橋は出発地点という認識)。当然、行き交う人も様々だったようですが、御殿山の桜や潮干狩りなども出来た為、江戸に住む人の行楽地でもあった様子。御殿という町自体はないのですが、室町時代の港町で繁栄しつつ寺なども多く建てられたようです。徳川家光時代には沢庵和尚の為の寺の創建、徳川吉宗時代の桜の植林によって、将軍に関わりの多い地域となった。それと同時に江戸庶民の憩いの場書ともなり、それが現在に受け継がれています。

 

品川の今昔

品川駅(正確には品川区ではなく港区ですが…)は通勤・通学のラッシュアワーが物凄いことで有名です。都内、神奈川に行く為の洋書であることは、宿場だったころの品川もそうだったようですね。東海道だけでなく、五街道中で最大の交通量を誇っていたんです。ビジネス街という印象が強いですが、これは昔からの人の行き交いで生まれた歴史なのだと思わせる場所でもありますね。

 

これからの品川について

今後もビジネスの中心地になり続けることでしょう。東京の交通の中心地であり、京急線による神奈川県の移動手段という立ち位置はこれからも同様の歴史を刻んでいくことと思います。京急線付近や路地裏を行くと昔ながらの家が軒を連ねている様子も垣間見ることができるので、こちらも残していくことが「品川」という町の醍醐味なのかもしれません。御殿山の桜、商店街、ビジネス街による多くの人の交通。これらは昔から変わらない日常なんですね。

東海道五十三次について

東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんんつぎ)は、江戸時代に整備された街道の名称ですね。東海道にある53の宿場のことを指します。宿場(しゅくば)とは、宿、宿駅(しゅくえき)とも呼ばれ、街道の拠点であり、江戸時代のホテル街のことです。今も昔も(ホテルというか)宿があるところには、人の行き交いがあるので、飲み屋や茶屋なども揃っていたそう。要は宿場を中心とした町の総称を言うそうです。京都までの道程を攻略するためにも、東海道五十三次の中にある宿場町は当然賑わいが際立っていました。旅人や問屋さんの中継地点だけでなく、宿場間の荷物配送の中継地点にもなっていたそうですね。昔も今もそう変わってません。

関連キーワード

中央区 品川区 宿場 東京都 東海道五十三次

関連記事もチェック