88 Views

【神奈川県川崎市】東海道五十三次の2番目の宿場。川崎宿で川崎大師への分かれ道に。

東海道五十三次における川崎宿の役割

川崎宿は、東海道五十三次の2番目の宿場。東海道の街道が発足してすぐには正式な宿場ではありませんでした。前の宿場の品川から次の神奈川宿までの距離が長く、伝馬(でんま/でんば)の負担軽減の為に少し立ってから正式採用された。宿場町は維持費が高くなり、住民への負担も大きく、長く資金に苦労していたと伝わっている。徳川吉宗は将軍になる前の江戸への道中で、川崎稲荷社の境内で休憩されたと云われている。

 

川崎の今昔

川崎市は多摩川のめぐみもあり、都会の喧騒を忘れて穏やかに過ごせる場所である。東京のベットタウンということもあり、賑わいを見せる場所も多い。歴史ある街で武家も多くおり、古くからの閑静な住宅地が多かった。現在は神奈川県の政令指定都市の一つでもある。また、川崎大師は関東三山の一つに数えられ、災厄をことごとく消除する厄除大師として大変有名です。正月の参詣客はおよそ300 万人にも達し、大きな賑わいも見せる。画像は川崎大師の正門です。

 

これからの川崎について

川崎は、京浜工業地帯に入っており、非常に多くのメーカー企業の工場が乱立しています。写真は川崎市内ですし、味の素や花王などの大企業の工場も多くあります。夜になると非常に幻想的で、日本経済を支えている要因の一つなのですね。海浜エリアであり、今後も企業の多くが存在し、それらを支えるように中小企業も残っていくことでしょう。そして、内陸はベットタウンとして静かな街を残し続けていくと思われます。アゼリア、ラゾーナ川崎など商業施設も目立ってきており、便利で賑やかな地域の一つであることは間違いない。

東海道五十三次について

東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんんつぎ)は、江戸時代に整備された街道の名称ですね。東海道にある53の宿場のことを指します。宿場(しゅくば)とは、宿、宿駅(しゅくえき)とも呼ばれ、街道の拠点であり、江戸時代のホテル街のことです。今も昔も(ホテルというか)宿があるところには、人の行き交いがあるので、飲み屋や茶屋なども揃っていたそう。要は宿場を中心とした町の総称を言うそうです。京都までの道程を攻略するためにも、東海道五十三次の中にある宿場町は当然賑わいが際立っていました。旅人や問屋さんの中継地点だけでなく、宿場間の荷物配送の中継地点にもなっていたそうですね。昔も今もそう変わってません。

関連キーワード

中央区 品川区 宿場 東京都 東海道五十三次

関連記事もチェック